-愛-

f0128409_141096.jpg

                    肇にぃとおねぇ



二人は1年半前に結婚式を挙げたばかり。

二人とも最高の笑顔でしょ。

幸せそうでしょ。

幸せだったよね・・・おねぇ。

 尾崎肇一 享年33歳。

肇にぃは今月2日、長い闘病生活の末、おねぇを残して天国へ行ってしまいました。


兄弟がいない私にとって
おにぃちゃんができた事
すごく嬉しくて。
でも「おにぃちゃん」
って呼ぶのなんか恥ずかしくて。。
「肇にぃ」と呼ぶことにしました。
体も大きかったけど、それ以上に
心も大きな大きな人でした。

私のデビューイベントの日。
二人は仙台から応援にかけつけてくれました。
誰よりも私のデビューを喜び、応援してくれていました。

最後に肇にぃに会ったのは
先月の末。
肇にぃはベッドの上でした。
今思うと本当は話すのも辛かったのかもしれない。
なのに肇にぃのことだから心配させないようにと
冗談言ったり笑顔を見せてくれた。
強がりじゃない。本当の優しさってものを知った。。

最後におねぇを幸せにしてくれてありがとう。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。肇にぃ。。
昨日何回も何回も伝えてきたけど・・・何回も何回も伝えたいよ。
そしてお疲れ様。

「肇くんは辛い闘病生活を耐えてきた。
今度は私が肇くんのいない寂しさに耐えるよ」
と言ったおねぇを上から見守っていてね。。


☆★☆★☆★


愛溢れ人はこの世に産まれ
愛溢れる中人はこの世を去る。
愛なしでは人は生きられない。

お坊さんが言ってた。
「この世は無常だ」って。
-万物は生滅流転し、永遠に変わらないものは一つもないということ-


だから人は愛するんだ。
[PR]
Commented by taro-ikemottan at 2007-10-08 06:10 x
おはようございます と 言っても今日に限っては驚き以外のなにものでも無いのですが、奈緒さんが(おにぃちゃん)といいたかった気持ちは良く分かります。
私も結婚した時、(長男の私にとって)〇〇兄さんと呼べる人ができた嬉しさを今も覚えています。
でも 本当に 残念でしょうが 尾崎馨一さんのご冥福をお祈り申し上げます。  
Commented by いっせー1765 at 2007-10-08 23:49 x
こんばんは初めまして。僕は佐野在住の者です。
初めてブログを拝見させていただいたのですが、悲しいできごとがあったばかりということで、かける言葉が正直見つかりません。
 少し前になりますが、秀郷祭りお疲れ様でした。僕もあの時ライブにバンドで参加していました。僕は噴水の近くの壁の上で、奈緒さんのライブを見させていただいたのですが、多くのロックバンドが大きな「音」を出している中、奈緒さんの「歌」は本当に心に響き、感動しました。
 今度どまんなかたぬまにライブに来られるそうですね!楽しみにしています。悲しいことの後で気持ち的にも複雑かもしれませんが、応援しています。
 僕のブログのURL入れておいたので、よかったら覗いてみてください。では失礼します。
Commented by すなっち at 2007-10-09 04:23 x
アリッタケノ愛ヲミナミカゼニノセマス!!

気が向いたら、馬場俊英さんの「スタートライン」探してみてください。




Commented by 未来 at 2007-10-09 17:27 x

人との別れは、いつかは来るのですが
早いですね。まだお若いのに・・・
なおさんにとって、いいお兄さんであり
なおさんのお姉さんにとって良きご主人
で心の広い方だった様ですね。

「心配させないようにと~強がりじゃない。
本当の優しさってものを知った。。」
この文章から、人に細やかな気遣いの
できる優しい方だったことを強く感じます。

人は、多くを語らなくても、本音を言わなくても
無言の中から何かを感じ取り教えられたり
する時があるのかもしれませんね。

尾崎肇一様
心からご冥福をお祈り申し上げます。
Commented at 2007-10-15 14:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by melopan-melomelo | 2007-10-06 22:24 | Comments(5)